放射線研究センター長からのあいさつ

 当センターは、大学の保有する教育施設であるとともに、学内外の共同研究、民間企業の研究利用に広く利用していただく施設でもあります。半世紀前に設立された大阪府立放射線中央研究所が保有していた西日本最大クラスの密封放射線施設、非密封放射線施設、各種の放射線分析装置、加速器を引き継ぎ、さらに四半世紀前に設立された大阪府立大学先端科学研究所が保有していた、これまた日本有数の規模を誇るクリーンルーム施設を管理運営しています。これらの設備は大学では日本最大規模のものであり、放射線分野、電子物性分野に限らず様々な分野で利用されています。また地域に密着した大学を目指す府立大学の組織として地域産業の振興に貢献し、産学官の連携をすすめるとともに科学技術の知識普及活動も積極的に行ってきました。この半世紀のあいだに組織は何度も変更されましたが、上記のようなユニークな活動は受け継がれています。

 当センターは、専門分野の異なった研究者の連携と、学際的な研究を得意としております。継続が大切な基礎研究はもとより、未来を切り開くような新しい研究の発掘を進めるため、今後とも活動を続けたいと思っております。学内外の皆様のさらなるご支援、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

放射線研究センター長
谷口良一