総保有線源の強度は約 1.8PBq (2016/04/01現在) と極めて高く、 これは日本の研究施設としては量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所 コバルト60照射施設に次いで、西日本では最大規模で、大学の施設としては日本最大です。

さらに、照射プールでの水中照射が可能であることから、 冷却が必要な強力な線源を円筒状の容器周辺に配置することにより、 中心に設置した水密容器内で極めて高い線量率(〜50kGy/h)を実現しており、 これは日本の研究施設では最高の線量率となっています。

ガンマ線照射を行う施設は、下表に示すとおり能力の異なる 4 つの照射室(ホットケーブ)および 1つの照射プールから構成されています。 これらは次のような特徴を有しています。

(1)研究開発を目的とする様々な照射条件に適合するように設計されている。
(2)使用する照射室、線源、距離の選択で、低線量率から、国内最高の高線量率までの照射試験を行うことができる。
(3)円筒形線源容器に線源を配置することで、均一な線量率の照射が可能である。 (線量率分布の例は こちら
(4)ケーブル、配管などを照射室外に引き出し、照射中に各種の測定・制御を行う必要がある試験が可能である。
(5)第1、第4照射室にはマニピュレーターが備え付けられており、照射中に操作が可能である。
(6)一日24時間、連続での照射が可能である。

 

照射施設の名称
 
施設の大きさ
(m)
ガンマ線源の数量
(TBq)
利用線量率
(Gy/h)
第1照射室 2 X 3 X 3 97.6 1〜100
第2照射室 4 X 4 X 3.1 78.6 10〜100
第3照射室 4.5 X 4.5 X 3.4 0.66 0.1〜1
第4照射室 8 X 11 X 4.5 1,623
(照射プールと線源を共有)
100〜1,000
照射プール 3 X 5 X 5 1,623 10,000〜50,000
(ガンマ線源の数量は、2016/04/01時点での値です)

  • 利用案内
  • 利用者はこれまで、大学・研究機関、電線、電気、化学薬品、医療器具、プラント、繊維、食品、 宝飾、和楽器などの各メーカー、検査会社まで多岐にわたっています。
    成果報告、公開を前提とする共同利用の他に、 成果の公開は要求しない企業向けの料金照射サービスもございます。 線量率、照射時間、照射温度、照射雰囲気など、幅広い様々な条件での照射に対応しています。 また、照射に伴う安全性の確保なども、長年の実績から的確なアドバイスが可能ですので、 お気軽にご相談下さい。 (例えば、溶液の照射は放射線分解により水素が発生するため、 ガスパージをしながら照射します)

    学外の研究機関や民間の方が本施設を利用される場合は、下記にお問い合わせ下さい。

    照射受付係 (社団法人大阪ニュークリアサイエンス協会(ONSA) 派遣職員)
    TEL/FAX共通: 072-254-9860(内線4261)
    E-Mail: onsa-ofc@nifty.com_nospam
    (@ は全角文字です。半角に置き換えて下さい。又最後の_nospamも取り除いて下さい。)
    【参考】放射線照射事業手数料PDF

    学内の方は以下にご連絡願います
    金光英俊
    (公立大学法人 大阪府立大学 研究開発機構 研究支援課 研究支援グループ)
    TEL 072-254-9804 / FAX 072-254-9935
    E-mail chk01495@ao.osakafu-u.ac.jp_nospam
    (@ は全角文字です。半角に置き換えて下さい。又最後の_nospamも取り除いて下さい。)
    放射線施設学内共同利用の手続きPDF

  • 照射利用の例
    • 耐放射線性試験
      トランジスタ、ICなどの各種電子部品、機器の照射試験、 原子力発電所などで使用されるロボット、カメラやレンズなどの光学部品、 光ファイバー、計測機器、ケーブルなどの試験

    • 線量計の校正
      放射線測定器、線量計の特性試験

    • 着色や励起
      ガラス・真珠・宝石等の着色、熱ルミネッセンスによる古陶磁の評価、石英による年代測定

    • 改質、放射線化学反応の利用
      電線、CDパッケージ、色インジケーターの開発、楽器部品の改良等

    • 生物の照射
      植物の突然変異種、微生物の改良、食品、医療器具、動物飼料等の滅菌
      ※ただし、食品、香辛料については世界中で広く利用されていますが、 日本ではジャガイモを除き、一般に販売することが許可されていません。

    • 動物(マウス)への照射
      動物実験施設では、飼育室と実験室のほかX線照射室や組織培養室等が配置され、 主にマウスを用いて放射線障害や障害防護・回復の研究が行われています。
      実験動物を飼育したり動物実験を行う場合については、動物愛護の精神を踏まえ、 関係法令のほか「研究開発機構動物実験指針」(暫定)を遵守し、 科学的、倫理的並びに動物福祉の観点からも適正な動物実験が行われるように努めています。 なお、この動物実験施設の利用にあたっては「研究開発機構動物実験委員会」の承認を必要とし、 学内の利用のみとさせていただいています。

     

  • 施設写真紹介
  • (画像をクリックすると大きな写真で開きます)


    線源棟入口

    線源棟外観

    第1〜第3照射室模式図

    第一照射室室内

    第一照射室入口

    第一照射室マニピュレーター

    第2照射室外

    第2照射室内

    第2・第3照射室前
    放射線監視システム

    第3照射室入口
     

    第3照射室外
     

    第3照射室内
     

    第4照射室マニピュレーター

    第4照射室入口

    第4照射室内

    第4照射室照射スペース

    第4照射室への線源搬入路

    第4照射室マニピュレーター操作の様子

    第4照射室で照射中の様子
     

    第4照射室前
    放射線監視システム

    照射プール
     

    照射プール
     

    線源容器と試料容器(中)
     

    線源容器の底(貫通)。
    円筒の高さはいずれも25cm。

    最高線量率用線源容器と
    試料容器

    大型試料用照射容器
     

    様々な線源容器と
    試料容器

    Co60線源模型

    照射プールへの試料投入
     

    Co60線源からの
    チェレンコフ光

    様々な線源からの
    チェレンコフ光"

    ガンマ線照射でのチャージ
    アップで割れた鉛ガラス


    問い合わせ:大阪府立大学放射線研究センター 共同利用拠点窓口
       e-mail: toiawase [at] riast.osakafu-u.ac.jp ([at] を@に置き換えて下さい)